2006年11月07日

俺の気持ち

みんなは「はぁ?何いってんの?」って思うかもしれない

どうでもいいって思うかもしれない

でも、俺には聞き流せなかった

今日の英語(リーディング)の授業

主人公が亡くなるという内容だった

そこで英語の教師とクラスの反応は

「死」というものを

とても軽視しているような会話だった

俺にはそれが許せなかった

ごめんな。こんな俺で

でも、俺には許せなかった

今は過敏に反応してしまうんだ

正直言ってまだ立ち直っていないかもしれない

自分でもしつこいかもって思うけど

今日の授業はきつかった

正直、あれが教師の発言だとは思えん

むかついてなのか、思い出して悲しくなってなのか

ちょっと涙が出た

こんなんじゃだめだな

がんばれ俺
posted by フルオリ at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『死』を簡単にとってはいけませんね確かに。
ニュースとかでもそんな笑ってとか見れませんもんね。
人の命を軽々しく見てはやっぱりダメですよね。
同感です・・・・。
Posted by 真珠 at 2006年11月09日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。